お電話で
無料相談
075-353-4116無料電話

受付時間 10:00~17:00(土日祝除く)

24時間
無料相談
予約
お問い合わせメール LINE

治療費・休業補償の相談がしたい

藤川真之介 弁護士の写真

このコンテンツの監修

弁護士法人法律事務所リンクス
代表弁護士 藤川 真之介

治療費・休業補償の打ち切りへの対処法は
ケース・バイ・ケース。弁護士に相談を。

治療・休業補償の相談メニュー

治療費・休業補償の打ち切り

交通事故から時間が経つと、「治療の必要性はなくなった」「復職可能になった」と勝手に判断し、治療費・休業補償を打ち切ってくることがあります。

それは保険会社の勝手な判断なわけですですが、治療費や休業補償の支払命令が裁判所で出ているわけでもないので、強制的に支払わせることもできません。

そこで、被害者としては、保険会社による治療費や休業補償の打ち切りによって追い込まれることのないよう、あらかじめ準備をしておくことが大事になあります。

治療費の打ち切りに備える

保険会社が治療費を打ち切る場合、主治医に何かしらの医療照会をした上で、治療の必要性がなくなったとして、打ち切ることが多いです。

ですから、症状がよくならず治療を続けたい被害者としては、主治医の先生から「症状はどうか?」と聞かれた際、先生に治療をしてもらっている手前、「症状はよくなっている」などと回答するのは危険なのです。

むしろ、被害者としては、普段から「症状がよくならない」「治療を続けたい」ということを話しておく必要があります。

休業補償の打ち切りに備える

休業補償についても、同様です。例えば、保険会社は、主治医に「現時点でどの程度の仕事ならできるか」「いつから仕事を再開できるか」というような質問を送ることがあります。

主治医は、その質問が休業補償の打ち切りのための医療照会だという意味が分からないまま、「現時点でも事務仕事ならできるかもしれない」「1か月休業すれば仕事を再開できる可能性が高い」と回答します。保険会社は、主治医の回答を見て、 休業損害を打ち切れる時期に休業損害を打ち切るわけです。

しかし、主治医は、被害者の職場環境や業務内容について詳しく知らないまま、一般的な意見として回答しているだけなので、被害者が職場復帰できると回答しているわけではありません。

被害者としては、職場復帰が難しいのであれば、職場環境や業務内容について詳しく伝えて、日頃から主治医に休業の必要性を理解してもらっておく必要があります。

保険会社独自の判断で打ち切ることも

場合によっては、主治医に確認しないまま、保険会社独自の判断で打ち切ることもあります。

このような場合に備えるのは容易なことではありませんが、労災が利用できる場合には、労災を利用しておくことをお勧めします。

労災を利用して治療費や休業補償の支払を受ける場合、いつまでも支払ってくれるわけではありませんが、保険会社が支払う場合よりも、比較的長期間支払ってくれます。

もっとも、労災利用を敬遠する病院や、労災申請を面倒に思う勤務先があるのも事実ですので、被害者の方が置かれた状況によって、労災を利用するかどうかを決めるのがよいかと思います。

後遺症の補償のことも考える

このように、治療費や休業補償の打ち切りに対策を講じる必要があるわけですが、治療費や休業補償が一定期間しか認められない補償であるのも事実です。

打ち切りの時点でも症状が残っているのであれば、症状の改善が難しくなっている可能性が高いと思われるので、後遺症の可能性を考えなければなりません。

治療がそれほど効果をあげなくなった場合、後遺症として補償を受けることに切り替える方が、より賢く賠償金を獲得することができる場合があります。

治療費を打ち切られると、大抵の被害者の方は通院のペースを落としますが、その後で後遺症の補償を求めようとしても、通院ペースが下がったのだからよくなったのでしょうと言われて、後遺症の補償が難しくなることがあるからです。

リンクスのススメ

このように治療費・休業補償の打ち切りに対処するには、治療費・休業補償の支払の実務に精通していることが必要です。

リンクスの弁護士は、治療費・休業補償はもちろんのこと、後遺症の相談も無料でさせて頂いております。

リンクスは治療費・休業補償を支払わせた実績多数

リンクスの弁護士は、800人以上の交通事故被害者の方から無料相談をお受けし、400人以上の交通事故被害者の方からご依頼頂いてきました。

そのなかで、数多くの治療費・休業補償を支払わせてきました。

リンクスのススメ

リンクスでは、治療費・休業補償のご相談がされたい方をはじめ交通事故でお困りの被害者の方のため、無料相談をさせて頂いておりますので、是非ご利用ください。

LINX無料相談の5つのメリット

  • 交通事故の流れを図で分かりやすく
  • お客様の置かれた状況を親身になって
  • 後遺障害等級の見込みをプロの目線で
  • 獲得できる賠償金は漏れなく最大限
  • お客様にとって最適な解決をアドバイス

交通事故でお悩みの方京都で実績豊富なリンクスにご相談ください!

交通時ののトラブルを保険会社に任せていませんか?弁護士費用特約を利用すれば費用もかからず
交渉から解決までを一任可能。弁護士に依頼するだけで慰謝料が大幅に増額するケースも

お電話で
無料相談
075-353-4116

受付時間 10:00~17:00(土日祝除く)

24時間
無料相談
予約
お問い合わせメール LINE

無料相談の申込の流れ

STEP01

まずはお電話にてお申し込み下さい

お電話、メールフォーム、LINEにて無料相談のご予約をお受けいたします。
お電話の受付時間外の場合は、メールフォーム、LINEにて「交通事故の無料相談」とお伝えいただければ翌営業日に折り返しご連絡させていただきます。

STEP02

ご相談内容やご相談方法のヒアリングをさせて頂きます。

交通事故専門のスタッフが、交通事故の状況・お怪我の状況等について、簡単にお話を伺います。相談の前にお話を伺うのは、お客様がお聞きになりたいことをきちんとご説明するために、事前に調査をさせて頂きたいからです。続けて、お電話での無料相談を希望されるか、事務所での無料相談を希望されるかを伺い、相談日時を決定します。

STEP03

無料相談の実施

無料相談では、お客様の置かれた状況やお困りのことを伺った後、交通事故の流れ、後遺障害等級の見込み、慰謝料の増額幅について、分かりやすく説明しています。
ご依頼頂いた場合の弁護士費用についてもご説明させて頂きますが、ご相談だけで終了し、ご依頼を頂かないということでも構いません。ここまでのステップに関しましては、すべて無料ですので、ご安心ください。ご依頼頂く場合には、契約書を作成します。お電話での無料相談の場合には、契約書をご郵送させて頂くことも可能ですので、事務所にお越し頂かずにご依頼頂けます。

無料相談をご希望される方はこちら

電話での簡単な依頼で解決される方も多数!お気軽にご相談ください!

お電話で
無料相談
075-353-4116

受付時間 10:00~17:00(土日祝除く)

24時間
無料相談
予約
お問い合わせメール LINE

LINXは京都・四条烏丸の事務所です。
新町通四条下るCUBE西烏丸4階