お電話で
無料相談
075-353-4116無料電話

受付時間 10:00~17:00(土日祝除く)

24時間
無料相談
予約
お問い合わせメール LINE

交通事故における逸失利益・慰謝料の基準が知りたい

藤川真之介 弁護士の写真

このコンテンツの監修

弁護士法人法律事務所リンクス
代表弁護士 藤川 真之介

逸失利益と慰謝料の基準を知り、
適正な示談金を受け取る。

死亡事故における逸失利益・慰謝料の大事な3つのポイントをご説明します。

  1. 逸失利益の計算根拠になっている収入が適正なものか
  2. 逸失利益から引かれる生活費が多すぎないか
  3. 慰謝料が弁護士基準になっているか

逸失利益の基礎収入

逸失利益とは、(1)お亡くなりになっていなければ得られたはずの収入から、(2)ご存命であれば支出したであろう生活費を差し引いた額を補償するものです。

保険会社は、できる限り補償額を減額するため、収入を低く見積もろうとします。例えば、次のようなことが考えられます。

① 若年者が亡くなった場合

若年者は、お亡くなりにならなければ、収入が増加することが見込まれます。ですから、事故前の低額の収入ではなく、全年齢平均賃金(平成27年全学歴:547万7000円 大卒:663万7700円)を基礎とすべきです。

② 主婦の場合

主婦は、専業主婦であれば無収入、兼業主婦でも収入が大きくない方がいらっしゃいますが、家事労働をされていた場合、女性の平均賃金(平成27年:372万7100円)を基礎とすべきです。

③ 高齢者の場合

仕事をされている方の場合でも定年以降の収入を認めないという保険会社がありますが、定年以降の収入も認めるべきです。また、平均余命までの年金収入も認めるべきです。

④ 赤字申告の場合

赤字申告の場合でも、実態は黒字であるという方もいれば、実態も赤字の方でもずっと赤字が続くわけではありません。このような方の逸失利益を認めない保険会社もありますが、ある程度の逸失利益を認めるべきです。

逸失利益からの生活費の控除

保険会社は、逸失利益から差し引く生活費を高く見積もろうとします。その方が、補償額を減額できるからです。

裁判所が定めた生活費の差し引き方の基準

生活費の差し引き方は、収入の何パーセントを生活費として支出したかという形で、パーセント(割合)で表しますが、裁判所が定めた基準では、生活費として支出する割合は、

一家の大黒柱及び女性の被害者 30%~40%

その他の被害者 50%

となっていますので、保険会社の提示額の慰謝料の部分がこれより低い場合には、保険会社がきちんとした提示をしていないということになります。

一家の大黒柱及び女性の被害者の生活費の割合が低い理由

なお、一家の大黒柱及び女性の被害者の生活費の割合が低いのは、これらの方が生活費を節約するからではなく、一家の大黒柱の場合には、残された家族がいるので生活費を差し引かずにその補償に当てるべきという考え、女性の被害者の場合には、男性の収入よりも低いことが多いので、生活費を差し引かないことで男女の公平を図るべきという考えによるものです。

慰謝料の基準に達しているか

慰謝料とは交通事故に遭って亡くなった被害者の苦痛や、ご遺族の無念の気持ちに対する賠償です。

裁判所が定めた死亡慰謝料の基準

裁判所が定めた基準では、

一家の大黒柱であった被害者 2800万円

その他の被害者 2000万円~2500万円

となっていますので、保険会社の提示額の慰謝料の部分がこれより低い場合には、保険会社がきちんとした提示をしていないということになります。

LINX無料相談の5つのメリット

  • 交通事故の流れを図で分かりやすく
  • お客様の置かれた状況を親身になって
  • 後遺障害等級の見込みをプロの目線で
  • 獲得できる賠償金は漏れなく最大限
  • お客様にとって最適な解決をアドバイス

交通事故でお悩みの方京都で実績豊富なリンクスにご相談ください!

交通時ののトラブルを保険会社に任せていませんか?弁護士費用特約を利用すれば費用もかからず
交渉から解決までを一任可能。弁護士に依頼するだけで慰謝料が大幅に増額するケースも

お電話で
無料相談
075-353-4116

受付時間 10:00~17:00(土日祝除く)

24時間
無料相談
予約
お問い合わせメール LINE

無料相談の申込の流れ

STEP01

まずはお電話にてお申し込み下さい

お電話、メールフォーム、LINEにて無料相談のご予約をお受けいたします。
お電話の受付時間外の場合は、メールフォーム、LINEにて「交通事故の無料相談」とお伝えいただければ翌営業日に折り返しご連絡させていただきます。

STEP02

ご相談内容やご相談方法のヒアリングをさせて頂きます。

交通事故専門のスタッフが、交通事故の状況・お怪我の状況等について、簡単にお話を伺います。相談の前にお話を伺うのは、お客様がお聞きになりたいことをきちんとご説明するために、事前に調査をさせて頂きたいからです。続けて、お電話での無料相談を希望されるか、事務所での無料相談を希望されるかを伺い、相談日時を決定します。

STEP03

無料相談の実施

無料相談では、お客様の置かれた状況やお困りのことを伺った後、交通事故の流れ、後遺障害等級の見込み、慰謝料の増額幅について、分かりやすく説明しています。
ご依頼頂いた場合の弁護士費用についてもご説明させて頂きますが、ご相談だけで終了し、ご依頼を頂かないということでも構いません。ここまでのステップに関しましては、すべて無料ですので、ご安心ください。ご依頼頂く場合には、契約書を作成します。お電話での無料相談の場合には、契約書をご郵送させて頂くことも可能ですので、事務所にお越し頂かずにご依頼頂けます。

無料相談をご希望される方はこちら

電話での簡単な依頼で解決される方も多数!お気軽にご相談ください!

お電話で
無料相談
075-353-4116

受付時間 10:00~17:00(土日祝除く)

24時間
無料相談
予約
お問い合わせメール LINE

LINXは京都・四条烏丸の事務所です。
新町通四条下るCUBE西烏丸4階